Skip to main content

カナダ

Canada

「カナダ」基本情報

正式名称 カナダ
英語名 Canada
首都 オタワ(Ottawa)
公用語 英語(アメリカ英語)、フランス語
地域 北アメリカ
総人口  3,929万人
国内総生産(GDP)  2兆1,603億8,545万2,000ドル
一人当たりGDP  56,181 ドル
面積 8,788,700 ㎢
人口密度 4.322人/㎢
CO2総排出量  721,566,139トン
一人当たりCO2排出量  19.04トン

「カナダ」直近20年間人口推移

「カナダ」の年齢層別人口

「カナダ」関連おすすめ動画

「カナダ」人口統計情報

総人口 3,929万人
男性人口 1,951万人
女性人口 1,978万人
人口変化 +478,759人
人口増加率 +1.218%
出生数 356,745人
平均出産年齢 31.413歳
平均寿命 82.630歳
男性平均寿命 80.427歳
女性平均寿命 84.830歳
総死亡者数 311,824人
純移民数 433,842人

MAP「カナダの首都 - オタワ」

「カナダ」について

■略史

1867年 英領北アメリカ法によりカナダ連邦結成(自治が認められたが、外交権及び憲法改廃権は英国に帰属)
1928年 日本と外交関係樹立
1931年 ウェストミンスター憲章により実質的に独立
1982年 「1982年カナダ憲法」により、英国から憲法改廃権を完全移管

■主要産業

1.資源産業: カナダは豊富な天然資源を持つ国です。特に、石油、天然ガス、鉱業(金、銀、銅、ニッケルなど)、林業が重要です。アルバータ州のアサビア産油地帯は、北米で最大の原油埋蔵量を誇ります。
2.農業: カナダの農業は広大な農地を活かしており、小麦、大麦、とうもろこし、大豆、ポテトなどの穀物や作物の生産が盛んです。また、家畜飼育も重要な産業の一つです。
3.製造業: カナダの製造業は自動車、航空機、石油精製、化学製品、製紙、食品加工など多岐にわたります。特に、オンタリオ州やケベック州には自動車産業が集中しています。
4.サービス業: カナダのGDPの大部分を占めるサービス業は、金融、保険、不動産、情報技術、観光などが含まれます。特に、大都市圏では金融や技術産業が発展しています。
5.技術産業: 近年、カナダは技術産業の成長が著しいです。特に人工知能、ゲーム開発、生命科学、クリーンエネルギーなどの分野で注目されています。

■経済概況

(1)2019年11月に発足した第二期トルドー政権は、中間層に対する経済政策、気候変動に配慮したエネルギー開発、米国やインド太平洋地域との連携強化等の課題に取り組む。
(2)世界的な原油及び食料価格の高騰や足許のサプライチェーンの断絶の影響等により恒常的な超過需要が起こっており、2021年には1%~4%台後半で推移していた消費者物価指数(CPI)は、2022年に入り5%台~8%台にまで上昇している。この状況を踏まえて、カナダ中央銀行は、2022年3月から10月の間に6回の政策金利の引き上げを行っており(3月:0.25%から0.5%、4月:0.5%から1%、6月:1%から1.5%、7月:1.5%から2.5%、9月:2.5%から3.25%、10月:3.25%から3.75%)、引き続きインフレ動向が注目される。

■気候

カナダの気候は非常に多様であり、地域によって大きく異なります。主な気候区分は以下の通りです。
1.極地気候: カナダの北部や北極圏では、寒冷な極地気候が広がっています。冬季は極端な寒さになり、氷点下40度を下回ることも珍しくありません。夏季も短く、比較的涼しいです。
2.亜寒帯気候: カナダの大部分が亜寒帯気候に該当します。冬季は寒冷で、夏季は涼しいか温暖な地域があります。内陸部では気温の変化が激しく、日中と夜間の温度差が大きいことが特徴です。
3.湿潤大陸性気候: カナダの中部や東部に広がる地域で見られます。冬季は寒冷で、夏季は暑く湿度が高いです。降水量は年間を通して比較的均一です。
4.海洋性気候: ブリティッシュコロンビア州やアトランティック・カナダ地域など、太平洋や大西洋に近い地域では海洋性気候が見られます。冬季は比較的温暖で、夏季は涼しいことが特徴です。降水量が多く、雨がよく降ります。
これらの気候は地理的条件や海流の影響などによって形成されています。カナダの広大な土地は気候の変化が大きく、同じ時期でも西部と東部で異なる天候が見られることがあります。

■観光情報

カナダには自然の美しさや文化的な魅力が豊富にあります。以下にカナダでのおすすめの観光スポットをいくつか紹介します。
1.ロッキー山脈: カナディアン・ロッキーは世界的に有名な観光地で、壮大な景色やアウトドアアクティビティが楽しめます。バンフ国立公園やジャスパー国立公園など、多くの自然公園があります。
2.ナイアガラの滝: カナダとアメリカの国境に位置するナイアガラの滝は世界的に有名で、圧巻の景観を楽しむことができます。ナイアガラフェールズの観光船や展望台から滝を間近で見ることができます。
3.トロント: カナダ最大の都市であるトロントは、多様な文化、美術館、レストラン、ショッピング街があります。特にカナダ国立美術館やロイヤル・オンタリオ博物館などが人気です。
4.バンクーバー: ブリティッシュコロンビア州の都市であるバンクーバーは、自然の美しさと都会的な魅力を兼ね備えた場所です。スタンレーパークやグランビルアイランドなどの観光スポットがあります。
5.ケベックシティ: フランスの街並みを思わせるケベックシティは、ヨーロッパ風の建築や歴史的な要塞が特徴です。オールドケベック地区やシャトーフロンテナックなどが見どころです。
6.バンフ: ロッキー山脈の中に位置するバンフは、絶景の中でのアウトドアアクティビティが楽しめる人気のリゾート地です。バンフの街並みや湖畔での散策もおすすめです。