Skip to main content

南アフリカ

South Africa

「南アフリカ」基本情報

正式名称 南アフリカ共和国
英語名 South Africa
首都 プレトリア(ツワネ)(Pretoria (Tshwane))
公用語 アフリカーンス語、英語(イギリス英語)、ズールー語、南ンデベレ語、北ソト語、ソト語、スワジ語、ツォンガ語、ツワナ語、ヴェンダ語、コサ語
地域 アフリカ /南アフリカ
総人口  6,321万人
国内総生産(GDP)  4,050億4,336万9,100ドル
一人当たりGDP  6,763 ドル
面積 1,213,090 ㎢
人口密度 51.779人/㎢
CO2総排出量  589,530,827トン
一人当たりCO2排出量  10.03トン

「南アフリカ」直近20年間人口推移

「南アフリカ」の年齢層別人口

「南アフリカ」関連おすすめ動画

「南アフリカ」人口統計情報

総人口 6,321万人
男性人口 3,075万人
女性人口 3,246万人
人口変化 +831,001人
人口増加率 +1.315%
出生数 1,186,793人
平均出産年齢 28.298歳
平均寿命 66.139歳
男性平均寿命 62.609歳
女性平均寿命 69.599歳
総死亡者数 584,015人
純移民数 228,222人

MAP「南アフリカの首都 - プレトリア(ツワネ)」

「南アフリカ」について

■略史

南アフリカ共和国は、多様な文化と歴史を持つ国です。以下は南アフリカの略史を時系列で説明したものです。

1.先史時代:数万年前から南アフリカの土地にはサン人やクホイクホイ人といった先住民が住んでいました。
2.1652年:オランダ東インド会社のジャン・ファン・リーベックにより、喜望峰に補給基地が設立され、ヨーロッパ人の定住が始まりました。
3.1700-1800年代:オランダ人の入植とともに、奴隷制度やアパルトヘイトという人種隔離政策が始まりました。
4.1806年:英軍がケープ植民地を奪取。その後の100年でイギリスとボーア(オランダ系入植者)との間での緊張が高まり、ボーア戦争が勃発しました。
5.1910年:南アフリカ連邦が成立し、独立国となりました。
6.1948年:アパルトヘイト政策が法制化され、黒人や有色人種の人々は多くの権利を剥奪されました。
7.1960年:シャープビル虐殺が発生。多くの黒人が死亡し、国際的な非難を浴びました。
8.1961年:南アフリカ共和国として独立。イギリス連邦から脱退しました。
9.1990年:ネルソン・マンデラが27年の投獄生活を終えて釈放されました。アパルトヘイトの終焉が見え始めました。
10.1994年:全人種が参加する選挙が初めて実施され、ネルソン・マンデラが大統領に就任しました。
11.2010年:南アフリカ共和国はFIFAワールドカップを開催し、アフリカ大陸で初めてのワールドカップとなりました。

このように、南アフリカは植民地時代からアパルトヘイト、そして民主主義への移行と、多様な歴史を経て現在に至っています。

■主要産業

南アフリカの主要産業は鉱業、製造業、農業、観光業です。金、プラチナ、ダイヤモンドなどの鉱石が豊富で、自動車や機械の製造も盛ん。また、トウモロコシや果物、ワインの生産が行われ、多様な自然や文化的魅力で観光業も大きい。

■経済概況

南アフリカはアフリカ大陸の中でも最も経済的に発展した国の一つとされています。その経済は多様で、鉱業、製造業、農業、観光業などが主要な部門として挙げられます。以下は、私の最後のトレーニングデータでの2021年までの南アフリカの経済概況についての情報です:

1.鉱業:
 ・南アフリカは天然資源が豊富な国として知られており、金、プラチナ、クロム、鉄鉱石、マンガン、石炭などの鉱石が採掘されています。
 ・鉱業は長い間、国の経済の柱となってきましたが、近年は採掘コストの増加や労働問題、鉱山の枯渇などの課題がある。

2.製造業:
 ・自動車産業、化学工業、金属加工業、機械工業などが存在し、多くの雇用を生み出しています。

3.農業:
 ・主要な農産物には、トウモロコシ、砂糖、果物、小麦、家畜などがあります。
 ・ワイン産業も有名で、特に西ケープ州では高品質のワインが生産されています。

4.観光業:
 ・南アフリカの豊かな自然や文化的な魅力は多くの観光客を引きつけており、経済においても重要な役割を果たしています。
 ・サファリ、ケープタウン、文化的な場所などが主な観光スポットです。

5.経済の課題:
 ・2021年までの時点で、南アフリカは高い失業率、所得格差、社会的な緊張といった経済的・社会的な課題に直面しています。
 ・また、公共サービスの供給不足、特に電力の供給停止(ロードシェディング)が経済活動に影響を及ぼしている。

6.通貨:
 ・南アフリカランド (ZAR) が公式通貨です。

南アフリカの経済は非常に複雑であり、多様な要因や背景に影響を受けています。上記の情報は概観に過ぎませんので、特定の経済分析や最新の状況についての詳細を知りたい場合は、専門の情報源を参照することをおすすめします。

■気候

南アフリカは大陸の南部に位置しており、その広大な領域のために様々な気候が存在します。南アフリカの主要な気候区分を以下に示します:

1.熱帯雨林気候:北東部のクワズール・ナタール州の一部に見られる。年間を通じて暖かく、夏は湿度が高い。

2.サバンナ気候:北東部の広い範囲がこの気候に当たります。雨季と乾季があり、夏には雷雨が頻発します。

3.乾燥地帯気候:カラハリ砂漠の一部を含む北西部に位置しています。雨が非常に少なく、乾燥しています。

4.温帯草原気候:中央の高地地帯、ハウテング州やフリーステイト州などに見られる。冷涼な冬と、夏の暖かさが特徴です。

5.海洋性気候:ケープタウンを含む西岸沿いの地域に該当します。冬に雨が降り、夏は乾燥しやすい。

6.地中海性気候:西ケープ州の一部、特にケープ半島周辺に存在します。冬の雨と、乾燥した夏が特徴です。

7.山岳気候:ドラケンスバーグ山脈などの高地に見られる。標高が高いため、他の地域よりも冷涼です。

南アフリカは南半球に位置しているため、季節は北半球と逆です。つまり、南アフリカの夏は12月から2月、冬は6月から8月にかけてです。ケープタウンなどの南部地域では、冬には雨が多くなる一方、ヨハネスブルグやプレトリアといった内陸部の都市では、夏の午後に雷雨が頻発することが一般的です。

■観光情報

南アフリカはその豊かな自然、歴史的な場所、文化的な多様性により、多くの観光地を有しています。以下は、南アフリカの主要な観光スポットとアクティビティをいくつか紹介します:

1.クルーガー国立公園:アフリカ大陸の最も有名なワイルドライフサファリ公園の一つ。ビッグ5(ライオン、ゾウ、バッファロー、ヒョウ、サイ)をはじめとする多くの野生動物を観察できます。

2.ケープタウン:
 ・テーブルマウンテン:ケープタウンのランドマーク。ケーブルカーやハイキングで頂上に行けます。
 ・ロボン島:ネルソン・マンデラが多くの年を過ごした監獄がある島。
 ・V&Aウォーターフロント:ショッピングやレストラン、エンターテインメントが楽しめるエリア。
3.ガーデンルート:南アフリカの南岸を走る美しいドライブルート。森、湖、山、ビーチなどの美しい景色が続きます。

4.ステレンボッシュ:南アフリカのワインランドの中心。美しいワイン農場や歴史的な町並みがあります。

5.ドラケンスバーグ山脈:ハイキングや登山、美しい景色の鑑賞などのアクティビティが楽しめる。

6.ゴールデンゲートハイランズ国立公園:特徴的な砂岩のフォーメーションと美しい風景が楽しめます。

7.シャーカベイ:サメとのダイビングやケージダイビングが人気のスポット。

8.ヨハネスブルグ:
 ・アパルトヘイト博物館:南アフリカの歴史とアパルトヘイトの背景を深く理解するための場所。
 ・ソウェト:南アフリカの最も有名な都市部。ガイド付きツアーで訪れることができます。
 ・ボッツワナ国境近くのマディキウェ野生動物保護区:マラリアフリーのサファリ地帯として人気があります。

南アフリカは規模が大きいため、移動やアクティビティを計画する際には、事前にしっかりと調査や予約をすることをおすすめします。また、治安や健康に関する情報も事前にチェックし、注意を払いながら旅行を楽しんでください。