Skip to main content

韓国

Republic of Korea

「韓国」基本情報

正式名称 大韓民国
英語名 Republic of Korea
首都 ソウル(Seoul)
公用語 韓国語
地域 アシア /東アジア
総人口  5,174万人
国内総生産(GDP)  1兆7,057億9,796万8,000ドル
一人当たりGDP  32,920 ドル
面積 97,600 ㎢
人口密度 523.016人/㎢
CO2総排出量  671,378,521トン
一人当たりCO2排出量  12.95トン

「韓国」直近20年間人口推移

「韓国」の年齢層別人口

「韓国」関連おすすめ動画

「韓国」人口統計情報

総人口 5,174万人
男性人口 2,583万人
女性人口 2,591万人
人口変化 -21,306人
人口増加率 -0.041%
出生数 236,394人
平均出産年齢 33.424歳
平均寿命 84.329歳
男性平均寿命 81.194歳
女性平均寿命 87.158歳
総死亡者数 345,502人
純移民数 87,800人

MAP「韓国の首都 - ソウル」

「韓国」について

■略史

韓国の略史に関する情報を以下にまとめてみました。この要約は大変簡略化されているので、詳細な情報や特定の時期の詳細については別途資料を参照することをおすすめします。

1.古代
 ・三国時代(紀元前1世紀~7世紀): 朝鮮半島には高句麗、百済、新羅の三つの王国が存在。
 ・統一新羅(7世紀~10世紀): これら三国が統一され、新羅が半島を支配。

2.中世
 ・高麗王朝(918年-1392年): 新羅の後を継ぎ、モンゴル帝国の影響を受けながらも朝鮮半島を統一。
 ・朝鮮王朝(1392年-1897年): 高麗の後を継ぎ、長い間安定した時代を過ごす。15世紀中頃には、世界で初めての金属活字本である『朝鮮王朝実録』を刊行。

3.近代
 ・大韓帝国(1897年-1910年): 朝鮮王朝が帝国に変わる。しかし、日本の勢力が増大。
 ・日本統治時代(1910年-1945年): 1910年に日本による併合が行われ、45年間の統治が始まる。

4.現代
 ・解放後の混乱(1945年-1950年): 第二次世界大戦後、日本が敗北し、朝鮮半島は米ソの二つの勢力に分かれる。
 ・朝鮮戦争(1950年-1953年): 北朝鮮が韓国を侵攻、米国主導の国連軍と中国が参戦し、3年後に停戦。結果として、北朝鮮と韓国の二つの国が形成される。
 ・経済発展(1960年代-1980年代): 韓国は高度経済成長を達成。
 ・民主化運動(1980年代-1990年代): 軍事政権の後、韓国は民主化を達成。

韓国はその後、経済、文化、政治の面で世界的に影響力を持つ国となり、現在に至ります。

■主要産業

韓国の主要産業は製造業で、半導体、自動車、造船、鉄鋼が挙げられる。サービス業では情報技術、金融、観光が中心。また、エンターテインメント業界、特にK-POPや韓国ドラマも国際的に注目されている。

■経済概況

韓国は20世紀後半から21世紀初頭にかけて急速な経済成長を達成し、現在は世界経済の主要なプレーヤーとして位置づけられています。

1.経済成長の歴史:
1960年代から1980年代にかけての「奇跡の漢江」と呼ばれる高度経済成長期を経て、韓国は発展途上国から先進国へと変貌を遂げました。
この成長は、主に輸出指向型の工業化政策と、大手財閥(チャボル)企業の活動を通じて実現されました。

2.主要産業:
製造業: 半導体、自動車、造船、鉄鋼などの分野で、韓国は世界的な競争力を持っています。
サービス業: 情報技術、金融、観光なども重要な産業となっています。
エンターテインメント: K-POPや韓国ドラマなどの文化産業も国際的な市場で拡大しています。

3.外貨獲得の主力:
輸出が韓国経済の主要な柱となっており、主要な輸出品目には、半導体、電子機器、自動車、石油化学製品などがあります。

4.経済の課題:
財閥企業の経済における巨大な影響力、所得の格差の拡大、高齢化といった社会的・経済的な課題が指摘されています。
韓国はエネルギー資源に乏しく、エネルギーの大部分を輸入に頼っています。これにより、国際的なエネルギー価格の変動に対する経済の脆弱性が存在します。

5.経済の将来展望:
デジタル化、緑の成長、バイオテクノロジーなどの新しい産業分野での競争力強化に取り組むとともに、持続可能な成長モデルを模索しています。

■気候

韓国の気候は、主に温帯季節風気候に属します。以下はその特徴を簡単にまとめたものです。

1.春(3月 - 5月):
 ・春は比較的短く、温暖で乾燥しています。
 ・黄砂と呼ばれる砂塵の影響を受けることがあり、中国大陸からの微細な粉塵が空気中に含まれることがある。

2.夏(6月 - 8月):
 ・夏は暑くて湿度が高い。特に7月と8月は高温多湿となります。
 ・梅雨という雨の時期があり、6月から7月初めにかけて続くことが多い。
 ・台風の影響を受けることもあります。

3.秋(9月 - 11月):
 ・秋は春と同様に短く、気温が温暖で過ごしやすい時期です。
 ・秋の紅葉は観光の魅力となっており、多くの地域で美しい景色を楽しむことができます。

4.冬(12月 - 2月):
 ・冬は寒く、特に1月は最も寒い月となります。
 ・北西からの季節風の影響で、特に内陸や北部では雪が降ることが多い。
 ・南部では雪は少ないが、寒波の影響で気温が大きく下がることがあります。

韓国全体の気候は、南部と北部でやや異なる特徴が見られることもありますが、上記は大まかな特徴を示しています。

■観光情報

韓国はその歴史的背景、伝統文化、自然風景、近代都市など、多岐にわたる観光資源を持っています。以下は、韓国の主な観光地やアクティビティの情報を簡単にまとめたものです。

1.歴史的・文化的名所
 ・景福宮: ソウルにある朝鮮王朝時代の宮殿。朝鮮王朝の五大宮殿の一つ。
 ・村落・伝統的な家屋: 例として「韓屋村」や「南山韓屋村」が挙げられます。
 ・仁寺洞: ソウルの伝統的な地区で、アートギャラリーやカフェ、ショップが並ぶ。

2.自然・景勝地
 ・済州島: 韓国の南に位置する観光地で、美しい海岸線や火山、滝などが魅力。
 ・太白山: 国立公園で、多くのハイキングコースや美しい景色が楽しめる。

3.近代都市・ショッピング
 ・明洞: ソウルの中心部に位置し、ショッピングや食事、エンターテインメントが楽しめる。
 ・江南区: 高級ブランドのショップやカフェ、レストランが集まるエリア。

4.フード・グルメ
 ・韓国料理は多彩で、キムチ、ビビンバ、ブルゴギ、サムギョプサルなどが有名です。地方ごとの伝統的な料理やストリートフードも魅力の一つ。

5.エンターテインメント
 ・K-POPや韓国ドラマは国際的に有名。ソウルには、この文化を体験できるエンターテインメント施設やコンサートも多く存在します。

6.温泉・スパ
 ・韓国全土には多くの温泉地があり、特に釜山や済州島には良質な温泉地が点在しています。

7.フェスティバル
 ・韓国では、季節やイベントに応じて多くのフェスティバルが開催されます。例えば、春の桜の時期には桜のフェスティバル、秋にはキムチ作りのフェスティバルなどが開催される。